これが基本!一人でも英語スピーキングを練習する3つの方法

スピーキング

英語のスピーキングは自分だけで身につけようと思っても、習得するのが難しいです。
スピーキングの練習にはどうしても相手が必要になってきます。
もちろん、英会話レッスンを受けることができる人なら、それを十分に活用したいですね。

しかし、英会話レッスンが受けられなくても、自宅でできる練習方法もあります。
英語のスピーキング練習におすすめな方法について説明します。

シャドーイング

英語のスピーキング力を上げるためには、シャドーイングという練習方法をおすすめします。

これは、英語の音声を聞きながら、英語音声に少し遅れて影のように英文を口に出して真似るという練習方法です。
もとは通訳養成のための練習方法としてよく採用されているようです。
英語を聞き取りながら、どうじに自分の口を動かさなくてはいけなので、瞬発力の訓練になります。
また、英語をよく聞きながらその音をまねるので、発音練習にもなります。

会話文のシュミレーション

これは、よく英会話のテキストについているCDなどにも録音されている練習方法です。
会話ダイアログの一方の音だけが入っていて、相手の英文を自分でしゃべってみるという練習方法です。
文章があるので、やりやすいですし、とりあえずシチュエーション会話の練習にはなります。
それで、うまく英文がタイミングよく話せるようになるまで練習しましょう。
これは一人でも練習できる方法ですので、独学で進めたいという人にもおすすめです。

英会話レッスンで話をする

最終的におすすめするのは、やはり英会話レッスンです。

これまで自分でトレーニングしてきたことを、実践の場として実力を試してみるのにもよいでしょう。
インターネットのオンラインのレッスンであれば、数百円から受講できるものもあります。

ただ、英会話レッスンは受けるだけでは、スピーキング力は身に付きません。
講師の話を聞くだけでなく、自分から積極的に会話することが大切です。
せっかくお金を払ってレッスンを受講するわけですから、より効果的にレッスンを活かすために自ら積極的に話をする習慣を身につけてみてください。
実践を重ねることで、スピーキングにも自信がつくはずです。

自分一人の練習方法だけでなく、いずれは実践で実力を試していましょう。

タイトルとURLをコピーしました